自然科学研究機構 分子科学研究所 機器センター ims_logo

サンプル準備室 (場所 : 明大寺地区・極低温棟 201)


機器センター設備をご利用時、試料調整や準備にご利用いただけます。
(基本的には、測定可能な状態での試料持ち込みを推奨します。)

<予約方法>

  • 利用の都度、ノートに記入をお願いします。
  • 予約性ではありませんが、利用予約が必要な場合は、担当者までご連絡ください。
  • 長時間場所を離れる場合や、危険物等がある場合は、付箋等で分かるようにしてください。
  • 整理整頓を心がけてください。
  • 原則、廃液処理はお持ち帰り願います。

<設置設備>

  • 真空ライン(自作/[真空度](RP)〜3 Pa、(DP)〜10-4 Pa、[接続]TS15/25、φ6 mm管)
  • 真空型グローブボックス(UNICO/UN-12L、自動内圧調整器・酸素濃度計・露点計付き)
     寸法(mm):メインボックス1200×650×600、パスボックス250×250×350
     立ち上げ時(一般窒素):酸素濃度1ppm以下、露点-20℃
  • 上皿天秤(島津/UW620H)
  • 実体顕微鏡(ニコン/SMZ745T)
  • 超音波洗浄機(アズワ/US-1R)
  • ホットスターラー(IKA/C-MAG HS7 digital)
  • 定温恒温乾燥機(EYELA/NDO-400)
  • 電気炉(Yamato/FO510)
  • ドラフトチャンバー(Yamato/KFC2180)

真空ライン
真空ライン
真空型グローブボックス
真空型グローブボックス